読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちかちーの旅log!

logであり、録であり、(b)logである

No.5 (たぶん)人生最初で最後の体験(2009/1/2~1/3)

※残念ながら私の手元に画像が残っていないため、この記事は各種インターネットから拾ってきた画像を利用しています。

 

唐突にまた随分と前のネタを持ち出してきた…と思われるかもしれないが今回はおそらく今後二度と体験できないであろうことを取り上げる。決してネタ切れになったわけではない

 

皆さんも一度は「ブルートレイン」なる言葉を聞いたことがあるだろう。かつては日本各地で運行されていた、機関車に青い客車を繋いだ寝台列車の愛称である。*1しかし昨今の交通機関の発達、特に夜行バスの台頭によって料金にどうしてもハンディを受ける夜行列車は1990年代以降徐々に減少し、現在の定期列車は東京~高松・出雲市の「サンライズ瀬戸・出雲」のわずか1往復のみとなり、臨時列車を含めても夜行快速列車が1.5往復*2、あとはクルーズトレインの「ななつ星」だけであり、ブルートレインは2015年の「北斗星」を最後に運行されていない。*3*4*5

 

この日乗車したのは、東京~九州の寝台特急では最後まで運行されていた「富士・はやぶさ」である。両列車ともかつては24時間前後の長時間をかけて東京~西鹿児島*6を結んでいたが*7、利用客の減少や車両運用の合理化などの理由により短編成化、区間の短縮などが行われ、2005年からは熊本行きの「はやぶさ」、大分行きの「富士」として東京~門司間は併結して運行されていた。

 

既に東京発では唯一のブルートレインであり、廃止が予告されていたことから*8、東京駅は多くの人だかりだった。私もブルートレインを駅のホームで見るのは、広島駅で見た「あさかぜ」のラストラン*9以来である。*10

 

東京18:03→広島5:21 1「富士・はやぶさ

今回乗るのはB寝台…といっても一般にブルートレインで連想される1枚目の画像*11ではなく、2枚目の「ソロ」である。個室でありながら価格は開放式と同等で、なおかつプライバシー保護の観点からも優れているので、利用客にとってはお得なタイプだ。

f:id:jub7le8ep:20170303143558j:plain

         f:id:jub7le8ep:20170303144059j:plain

当時私は小学生、また千葉の父の実家から帰るため母と乗っている。母はA寝台個室「シングルデラックス」である。

f:id:jub7le8ep:20170303145051j:plain

…一応(シングルデラックスは短時間だが)比べた感想では、天井が低いとはいえソロのほうが居住性がよさそうなのは気のせいだろうか。*12特にソロは1階と2階が互い違いになっている構造で、私の部屋は2階だったためレールから遠かったからかもしれない。*13

 

さて部屋には寝間着とタオルが置いてあり、タオルは「富士」「はやぶさ」そして既になき*14「さくら」のヘッドマークがデザインされたもの、寝間着はJRをデフォルメしたものとなっていた。

車掌の検札も終わったが、まだ寝るには早い。しかしこの列車には食堂車はおろか寝台車以外は自販機以外、特に何もない。やることがないので眠くなるまで車窓を眺めつつDSでもしよう。もったいない…

 22:47発の名古屋、さらに23:30ごろ運転停車*15米原までは起きていたと記憶しているが、そのあとは眠りについたと思われる。

5時過ぎ、検札に来た時に車掌に言っていた通り起こしに来た。米原以降は熟睡していたのだろう。外はまだ真っ暗だ。

定刻に広島着。駅のアナウンスの「次の停車駅は、岩国です。」というのが新鮮だった。*16

おそらくもう本来の目的をもってブルートレインが走ることはないだろう。悲しいが時代の流れである。

*1:決して夜行列車=ブルートレインではないことに留意されたい。電車に寝台を据え付けた電車寝台列車も多数運行されていたし、そもそも寝台車のない夜行列車も多数あった。また現在唯一の定期夜行列車である「サンライズ瀬戸・出雲」は電車によって運行されているのでブルートレインではない。

*2:東京~大垣の「ムーンライトながら」、新宿→白馬の「ムーンライト信州91号」

*3:ただ、「北斗星」は豪華な設備を持つ寝台列車であったため、一部の人は2014年に運転を終了した「あけぼの」を最後とする意見もあるようだ

*4:2016年に運行廃止となった「カシオペア」は青い客車で運行されていないのでブルートレインではない

*5:リバイバルトレインやクルーズトレインとしての運行は一応あるが…

*6:現・鹿児島中央

*7:はやぶさ」は鹿児島本線経由、「富士」は日豊本線経由

*8:2009年3月廃止

*9:2005年

*10:広島の実家のリビングの窓から少しだがJRの線路が見えていたので、特に幼いころは窓に張り付いたり近所の踏切に行って通るのを待ったりしたものである

*11:開放型2段式

*12:A寝台はグリーン車、B寝台は普通車に相当するのだが…

*13:また母曰く「デッキで夜中までファンが大声で話していてなかなか寝れなかった」そうだが…こっちはそんなことはなく静かだった

*14:2005年廃止

*15:運行の都合上停車するが、ドアを開けず客の乗り降りはしないこと

*16:当時のダイヤでは唯一の「次の停車駅は、横川です」ではない列車である