ちかちーの旅log!

logであり、録であり、(b)logである

SP.1-1 18きっぷ利用指南(理論篇)

実に約3か月ぶりの投稿ですね、お久しぶりです。

もうすぐ夏休みですね。*1この夏の帰省や旅行などに青春18きっぷ(以下,18きっぷ)を使われる方もいるかもしれません。知名度はとても高いのですが、今一つ使い方が分からないという方、使っても誤った使い方により損をしてしまう方を時折耳にします。

そこで今回は2回にわたり、18きっぷの使い方について説明したいと思います。少々長いですが、この記事を読まれた方の参考になっていただければ幸いです。

 ・まず18きっぷとは?

18きっぷ(正式名:青春18きっぷ)とは、JR各社がある期間*2に発売する、利用期間内の任意の5回分(1回=1人が1日乗車する分)全国の普通列車*3乗り放題のきっぷのことである。5回分が1枚のきっぷにまとめられていて、値段は11850円。

利用人数の制限はなく、1人が5日間使っても、5人グループが1日で使っても、2人組が1日、別の日に3人組が1日というように使ってもよい。ただし複数人で使う場合は全員が同じルート、同じ列車で旅行する必要がある(分かれて移動することはできない)。

ちなみに名前の印象から年齢制限があるのでは、という懸念を持たれる方もいるが、特にそんなものはない。

 

・どこで購入できるの?

全国のJRの駅で購入可能。その他旅行会社や、鉄道きっぷを取り扱う大学生協などでも可。18きっぷを購入したい旨を伝えればすぐに発券してくれるが、早朝深夜は窓口が開いていないこともあるため、早朝深夜から移動したい場合は事前に購入することをお勧めする。

 

・利用できる交通手段は?

基本的にJR線全線の普通列車、快速列車。一部例外を除き新幹線、特急列車は利用不可。行程や途中下車等の制約は特になし。

私鉄線に乗り入れている列車は、原則その私鉄の利用区間の運賃等が必要。例外はあるが長いので脚注で説明する。*4

新幹線、特急列車は利用不可。別に利用区間の乗車券と特急券が必要。

ただし新夕張新得新青森~青森、宮崎~宮崎空港では、当該区間内での普通車自由席の利用に限り利用可能。ただしこの区間外にまたがって移動する場合や普通車指定席、グリーン車に乗車する場合は乗車する全区間の乗車券と特急券が必要。

 ※在来線の運行がなくなった津軽海峡線について。

北海道新幹線の開業により、青函トンネル周辺は普通列車はおろか在来線の運行もなくなった津軽海峡線については、別途「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を購入することにより、北海道新幹線奥津軽いまべつ木古内道南いさりび鉄道木古内五稜郭を1人1回片道の利用が可能。もちろん途中下車は不可。なお奥津軽いまべつと在来線の接続は津軽二股駅で、別の駅である。*5*6

 

例外として、東日本大震災で被災した一部区間で運行されているBRT(高速バス輸送システム)と、災害などで被災した区間代行バスに限ってはバスの利用が可能。また、宮島口~宮島で運航されている宮島航路もJRの運航のため乗船可能。

 

18きっぷで指定席やグリーン車には乗れるの?

結論から言うと普通車指定席は可能。グリーン車は自由席のみ可能で指定席は不可能。

どちらも利用の際は別途料金が必要。特に首都圏で運行されているグリーン車自由席や臨時の夜行快速は長距離移動の際に有効だが別料金であることに注意されたい。(これらについては実践篇で詳しく説明します)

 

この項とは少しずれるが、ホームライナーのような整理券を必要とする列車も整理券の料金を払えば利用可能である。

 

18きっぷでの「1日」とは。

改札を通してから、午前0時を過ぎて最初に停車した駅まで。ただし東京・大阪周辺では例外あり。

例えば10:00にA駅で18きっぷスタンプを捺され、B駅を23:50に発車し、C駅に23:57に、D駅に0:05(24:05)、E駅に0:10に止まるというような列車に乗車した場合、A駅から始まった18きっぷの効力はD駅までとなる。*7もしE駅まで乗車したい場合は、別にD駅からE駅までの乗車券を購入するか、18きっぷに次の日の分のスタンプを押してもらう必要がある。

次に東京、大阪周辺の例外について説明する。下の図の範囲内では、0時を回っても終電までその日の18きっぷが有効となる。

f:id:jub7le8ep:20170624234821g:plain

f:id:jub7le8ep:20170624234832g:plain

ここで具体例としてリンク先の列車を用いて説明する。

列車詳細情報|駅時刻表:JRおでかけネット

この列車はJR神戸線の最終の各駅停車である。茨木の手前で日付が変わるが、茨木~西明石は上の表の範囲内である。そのため1:38着の西明石まで前の日の18きっぷが有効となる。

 

・何回分か余った、どうしよう?

記名式ではないので他人に譲渡可能。金券ショップやネットオークションに売りに出してもOK。ちなみにほかの券ではこうした行為は禁止行為なので注意。

なお夏休みに買ったきっぷを冬休みに使う、というような持ち越しはできない。 

 

・ルールは分かった。ではどう使えばいい?

実践篇へGO!

*1:ブログと連携しているTwitterのフォロワーに大学生が多いことを考慮し、この時期に投稿します。既に7/20より使用可能となっています。

*2:例として2017年の夏は7/1~8/30に発売し、7/20~9/10に利用可能。春はそれぞれ2/20~3/31と3/10~4/10、冬は12/1~12/31と12/10~1/10。大体毎年一緒ですが利用の際は念のため各自で最新の情報を確認してください

*3:快速列車を含む。ただし例外あり、後述

*4:他のJR線と接続していない、氷見線城端線はあいの風とやま鉄道の富山~高岡間、七尾線IRいしかわ鉄道の金沢~津幡間、大湊線八戸線青い森鉄道の青森~野辺地~八戸間において、JR線と接続する駅以外で下車しない場合に限りその乗車する区間の運賃不要で利用可能。

*5:といっても200メートルほどしか離れていないが

*6:ただし運行本数が少なく接続も考慮されていないため、お勧めは出来ない。詳しくは実践篇で

*7:なお停車中に日付が変わる場合は停車中の駅まで